中部電力「ピークシフト電灯」

中部電力 ピークシフト電灯

契約形態 料金タイプ お得な時間帯 加入条件 発電方法

23時~朝7時

  • TOP
  • 電気利用明細

ピークシフト電灯は、季節、曜日、時間帯によって電力量料金が変動するプランです。最も割高になるのは、電力需要が増す夏季(7~9月)の平日13時から16時のデイタイム、最も割安になるのは23時から翌朝7時(通年)のナイトタイムとなります。夏季以外では、曜日に関わらず7時から23時まで同一料金です。ピークタイム(平日13時~16時)とナイトタイムを除くデイタイムは、電気の使用量によって料金単価が変わる仕組みになっており、使用量が増えるほど割高になります。

仕事や学校などで昼間は家族全員が不在にしていることが多い家庭に適しています。特に夏季の3ヶ月間は、平日の昼間にほとんど電気を使用しないことが望ましいプランです。それ以外の季節でも、なるべくナイトタイムにまとめて電気を使うようにすると、電気代を抑えることができます。

加入条件

なし

初期費用

契約期間

1年

契約期間中の解約金

特典

付与ポイント

ポイントの交換先

基本料金

契約容量 単位 料金(税込)
6kVA以下の場合 1契約 1,296円00銭
6kVAをこえ10kVAまで 1,944円00銭
10kVAをこえる1kVAにつき 1kVA 280円80銭

電力量料金

区分 単位 料金(税込)
夏季・平日ピークタイム
夏季(7月1日~9月30日)の平日13時~16時
1kWh 57円46銭
昼間時間
夏季・平日ピークタイムを除く7時~23時
最初の90kWhまで 23円67銭
90kWhをこえ230kWhまで 28円73銭
230kWhをこえる 31円74銭
夜間時間
23時~翌7時
13円45銭

※休日とは次の日のことをいいます。

土曜日、日曜日、祝日および、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日

最低月額料金

1契約 348円84銭

備考

※電力量料金は、燃料価格の変動に応じて燃料費調整額を加算あるいは差し引きます
※電気料金を算定する際は、再生可能エネルギー発電促進賦課金を加算します
※記載の内容は2015年7月16日に調査した時点の情報となります
※電気をまったくご使用にならない場合の基本料金は、半額となります。但し、機器割引を利用して最低月額料金を下回る場合には、最低月額料金が適用されます

会社名

中部電力

住所

愛知県名古屋市東区東新町1番地

設立日

1951年5月

資本金

4,307億円

電力供給エリア

長野県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県

お問い合わせ