東北電力「よりそう+シーズン&タイム」

東北電力 よりそう+シーズン&タイム

契約形態 料金タイプ お得な時間帯 加入条件 発電方法

22時~朝8時

  • TOP
  • 電気利用明細

よりそう+シーズン&タイムは、時間帯や季節により電気料金単価が変動します。夜間(22時~翌8時)が最も割安に、冬季ピーク(12~2月の16時~18時)と夏季ピーク(7~9月の10時~17時)が最も割高に設定されています。基本料金は、30分ごとに計測した使用電力量の最大値(ピーク電力)が、使用月と前11ヶ月の間で最も高かった値を契約電力としています(実量契約)。ただし、希望すれば、ブレーカーの容量に基づき契約電力を決める、主開閉器契約を選択することも可能です。

このプランに向いている人

電気料金単価が割高に設定されているため、その時間帯にあまり電気を使わないご家庭向けのプランです。また、エコキュートなどの夜間蓄熱式機器を使用する、オール電化住宅にも適しています。

加入条件

なし

初期費用

契約期間

1年

契約期間中の解約金

特典

付与ポイント

ポイントの交換先

基本料金

契約電力 単位 料金(税込)
主開閉器契約 10kVA以下 1契約 1,944円00銭
10kVAをこえる 1kVA 432円00銭
実量契約 10kVA以下 1契約 2,662円20銭
10kVAをこえる 1kW 594円00銭

電力量料金

区分 単位 料金(税込)
昼間

冬季ピーク(12月1日~2月28日*)

16時~18時

1kWh 42円36銭

夏季ピーク(7月1日~9月30日)

10時~17時

42円36銭

その他季ピーク

10時~17時

38円50銭

オフピーク

ピーク時間を除く8時~22時

26円24銭

夜間

22時~翌8時

11円22銭

*閏年の場合は、2月29日までの期間となります

備考

※実量契約とは、その月の最大需要電力と前11か月の最大需要電力のうち、いずれか大きい値を契約電力とする契約です。最大需要電力とは、30分ごとの使用電力量のうち、月間で最も大きい値を2倍した値をいいます
※電力量料金は、燃料価格の変動に応じて燃料費調整額を加算あるいは差し引きます
※電気料金を算定する際は、再生可能エネルギー発電促進賦課金を加算します
※電気をまったくご使用にならない場合の基本料金は、半額となります
※記載の内容は2016年3月9日に調査した時点の情報となります

会社名

東北電力

住所

宮城県仙台市青葉区本町一丁目7番1号

設立日

1951年5月

資本金

2,514億円

電力供給エリア

青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、新潟県

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

※東北電力のサイトへ移動します