よくある質問 | 電力自由化

電力自由化 よくある質問

電力自由化によって何が変わりますか?

新規に電力を販売する会社が増えるため、契約できる電力会社が増え、料金メニューも多様になります。消費者にとって、安くお得なプラン、サービスが出てくることが期待できます。ただし、その反面、プランの複雑化や不安点が今までよりも増えることが予想されます。このQ&Aで不安点を少しでも解消してください。

電気料金プランを切り替えるときは、現在使っている電力会社に解約の連絡は必要ですか?

基本的には、解約の連絡は必要ありません。
切り替える電力会社に、申し込みをする際に解約についてお尋ねください。皆様の同意に基づき、切り替え先の電力会社が解約の手続きを行うことが可能です。

スマートメーターへの交換は有料ですか?

原則、無料で交換してくれます。
ただし、交換する際に工事が必要な場合は、工事代金がかかる場合があります。

新しく電力会社を切り替えたい時、どうすればいいですか?手続きを教えてください。

新しく契約する電力会社に申し込みをします。それまで契約していた電力会社への解約手続きは、切り替える電力会社が、同意の上、行ってくれます。スマートメーターの設置がまだの場合は設置が必要です。設置は地域の電力会社が行ってくれます。設置後に契約の流れになります。

引越しをしたら手続きはどうすればいいですか?

引越し先が、電力会社の営業エリアではなく、電力の供給を受けることができない場合、その電力会社に停止の手続きを取る必要があります。引越し先でも電力の供給を受けられる場合でも、引越しの手続きが必要です。

電力会社を切り替えた場合、検針には誰が来ますか?

スマートメーターに切り替えをしていただいた場合、人が検針をする必要が無くなります。スマートメーターには通信機能が付いており、自動的に一般送配電事業者へ使用量を送っているためです。電力データは、一般送配電事業者から小売りの電力会社(契約している会社)に送られます。

電力会社を切り替えたら、電気の質は変わりますか?

電気の質(周波数)は変わりません。
どの電力会社と契約しても、電気の質に違いはありません。また、電気の作り方が違っても質に違いはありません。

新しく参入した電力会社と契約したら停電は起こりやすくなりますか?

万が一、供給が足りない、もしくは、停電した場合でも、一般送配電事業者が足りない分を補うので、供給が停止することはありません。電気の質も変わらないため、これまで通り電気を利用できます。

参入した電力会社と契約後、倒産や事業撤退した場合は、供給を受けられなくなりますか?

受けられます。倒産や事業撤退して、新規参入の電力会社が電力の供給ができなくなった場合、一般送配電事業者は、それを補う最終的な電気の供給を義務づけられているので、消費者は最終保障供給を受けられます。ただし、契約している電力会社のメニューではなく、2020年3月までは経過措置のメニューで提供を受けることになります。新たに、電力会社を選ぶ必要があります。

自由化すると電気代が高くなることはありませんか?

すくなくとも2020年3月までは高くなることはありません。
自由化ですので、電力会社が料金メニューなど自由に設定できるようになるため、高くなることも考えられます。ですので、競争が十分になるまでの経過措置(少なくとも2020年3月まで)として、2016年3月までの料金メニューを存続させています。

住んでいる(利用する地域)地域に対応している電力会社を教えてください。

「みんなの見積もり – 電気料金比較」で、住んでいる地域に対応している電力会社を比較できます。どの料金プランが適しているか判断できるようになっています。

2016年3月までに使っていた料金プランは無くなるのでしょうか。

すぐに無くなることはありません。ご安心ください。2020年3月までは、経過措置として残ります。

マンション(集合住宅)に住んでいても、電力会社を選べますか?

既に各家庭で、個別に電力会社と契約している場合は選ぶことができます。マンションが一括で契約している(高圧一括受電契)の場合は、マンションの管理組合等にご確認ください。

環境に配慮して、再生可能エネルギーの電力を選ぶことはできますか?

可能です。再生可能エネルギーで作られた電力のメニューを作る可能性があります。また、どういった再生可能エネルギーかを確認することができます。