家電の待機電力を節約

待機電力とは、家電を使用せずにコンセントにつないでおくだけで電力が消費することを言います。リモコンで電源を切っていても、リモコンからの信号をいつでも受け取れるよう指示待ち状態を保っているので、電力を消費しています。タイマーや内臓時計等維持している製品も同様です。待機電力を節約するには主電源を切るか、コンセントから抜く必要があります。

エネルギー使用合理化促進基盤整事業(待機時消費電力調査)報告書によると、家庭1世帯当たり、年間で平均4,432kWhの電力を消費しています。そのうち待機電力は年間5.1%にあたる228kWhにもなります。 電気料金にすれば年間6,156円(※1kWhあたり27円で算出)にもなります。

では、どういった家電が待機電力を多く消費しているのかを見ていきましょう。

待機電力消費家電ランキング

※()内は全体の待機電力に対する割合

  • 1位:ガス温水器(19%)
  • 2位:テレビ(10%)
  • 3位:冷暖房兼用エアコン(8%)
  • 3位:電話機(8%)
  • 5位:BD・HDD・DVDレコーダー(6%)
  • 6位:温水洗浄便座(5%)
  • 7位:パソコン(4%)
  • 8位:電子レンジ・オーブンレンジ(3%)
  • 8位:パソコンネットワーク機器(3%)
  • 10位:インターホンセット(2%)
  • その他:32%

【出所】平成24年度待機時消費電力調査報告書

1位:ガス温水器

「ガスでお湯をわかすのになぜ?」と思うかもしれませんが、操作するパネルやセンサー類を電力で制御しています。一日中操作パネルのスイッチがつけっぱなしという方もいるかもしれません。ガス給湯器の場合、埋め込み式のためプラグをコンセントから抜くことはできません。こうした給湯器についても近年待機電力を抑えたものは出てきていますが、お湯を沸かすとき以外は電源を切って節約しましょう。

2位:テレビ

使用しない時はコンセントから抜くのがベストですが、中々そういうわけにはいきません。コンセントからプラグを抜く以外にも主電源を切ると節約になります。テレビはリモコンからの受信指示待ち状態でも待機電力を消費しますので、長くテレビを見る予定がない時は主電源から切るのが良さそうです。

3位:冷暖房兼用エアコン・電話機

電話機のプラグをコンセントから抜くと着信もできなくなるので、現実的には節約できません。
エアコンは使用頻度が高くない、春、秋の期間はコンセントを抜いておきましょう。

待機電力を抑えるとどのくらい節約に繋がるのか?

待機電力は主電源のオフを徹底した場合、228kWh/年から約20%削減(約1,200円の節約)が期待されます。

更に、使用していない家電のプラグをコンセントから抜く、節電タップ等を利用して完全に電気が通らない状態にすると年間約50%の削減が期待されます。ただプラグをコンセントから抜く行為は家電によっては耐久面や安全面に支障をきたす場合があるので注意下さい。

主電源を切る、プラグをコンセントから抜くと言うのは日常生活の中、めんどうでできないかもしれませんが、長時間使う見込みがないものに関しては節約のため意識してみてはいかがでしょうか。

2015年10月29日 公開