引越し先の治安のチェック方法

引越し先を決める上で重要なポイントのひとつになるのが治安ではないでしょうか。特に、家族で引越しをされる方は子どもの安全性や教育のためにも治安の良いところに住みたいと思います。こちらでは、引越し先の治安をチェックする方法を紹介します。

現地に詳しい不動産屋に確認する

引越し先の治安については、信頼できる不動産屋に確認しましょう。
その地域の情報に詳しい不動産屋から直接話を聞き出すことはとても合理的です。特に女性の一人暮らしや子育て世帯の場合、住む場所の治安によって不安要素も大きく、リスクも高くなるため危険です。立地条件や間取りも大切ですが、治安の良さを重視している旨を不動産屋に伝えることで、スムーズな家探しにも繋がります。

昼間と夜に下見に行く

ある程度、不動産屋に確認した後は、実際に自分も現地に行って確認しましょう。
大切なのは、昼と夜の両方を確認することです。昼間は閑静な街並みでも、夜になると若者が集まって騒がしい雰囲気に変貌することもあります。また、駅からの帰り道なのに夜になると人通りが少なくなって危ない雰囲気がするなら、それも考えものです。

ゴミのポイ捨てが目立ったり、不審な路上駐車や放置自転車が多い場合も要注意です。

周辺環境を確認する

引越し先の周辺環境も予め確認しておきましょう。
「安く購入できたと思ったら、近隣に人相や風体の悪い人がいた」なんていうケースもあるかもしれません。「そこにずっと住んで子どもを育てる」というのであれば、自宅の周囲の状況もとても切実で大切なポイントです。駅前から家にかけて、柄の悪い若者やお店などがないかしっかり確認しておきたいものです。

また、最寄り駅までの距離や交番、スーパーなどが生活圏内にあるかも長く住むことを考えると重要なポイントになります。ある程度の情報は不動産屋が持ち合わせているので、事前に確認するようにしましょう。

インターネットの口コミを調べる

引越し先の治安は、インターネットでも調べることが可能です。
実際にその地域に住んでいる人の口コミや、不動産屋のホームページやブログ等で情報を確認することができます。

ただし、インターネットに掲載されている情報を鵜呑みにするのは危険です。
いくら「治安がいい」という情報が多くても、年齢層や男女によって見解が異なります。根拠のない情報だけを信用するのではなく、実際にその地域を歩いてみて、自分がどう感じるかを確かめることが大切です。