家族引越しの特徴

家族引越しは人数や荷物量によって引越し料金が大きく異なります。また、子供がいる場合と夫婦だけの場合で、引越し時期が多少異なります。

子供がいる家族引越し

年間を通して、家族引越しや夫婦引越しの件数が最も多いのは、やはり繁忙期である3月と4月です。

3月、4月以外で家族引越しの件数が多いのが7月、8月、12月です。家族引越しでは、子どもが長期休暇になる期間を狙って引越しをする人が多いからです。実際、7月の下旬からは子どもの夏休み期間を狙って引越しをする人が増え、引越し料金の相場も高まります。特に、土日祝日は料金が割高になるので注意してください。

家族の引越し理由

家族引越しの理由として多いのが、「マイホームを購入したから」というものです。他には、「子供が大きくなり家が狭くなった」「子育てに良い環境を求めて」「両親の近くに住むため」などが多いです。

やはり子供の存在が大きく、子供の生活環境を意識した引越し理由が多いです。

夫婦(二人暮らし)引越し

また、夫婦引越しに関しては、3月と4月の引越し件数は多いですが、他の月と比べてそれほど差はありません。時期を選ばず自由に引越しをできるからか、3月、4月以外の月も引越し件数が多いのが特徴です。

また、11月、12月に規模の大きい引越しをする夫婦が多いです。これは、「新年に向けて今のうちに新居へ引越しておきたい」という方が多く、荷物量のある大規模な引越し件数が多くなるからです。11月というのは、本来、閑散期であるため引越し料金は安くなる傾向にあるのですが、夫婦引越しだけを見れば1件1件の引越しの規模が大きく引越し料金は高いです。とは言っても、11月、12月は閑散期なので、引越し料金が高くなる12月末になる前に引越しをするのはおすすめです。

夫婦・カップルの引越し理由

夫婦やカップルで引越しをする人の4分の1は、「家の購入や建て替え」を理由に引越しをしています。また、「賃貸契約の終了」や「環境を変えるため」といった理由も多く、住まいの質を上げるために引越しをする人が多いです。

そして、繁忙期になると、「転勤や転職」を理由に引越しをする夫婦やカップルの方が増えます。

家族引越しの料金は各家庭で大きく異なる

また、家族引越し、夫婦引越しの最大の特徴は、引越し料金がケースバイケースで決まるということです。というのも、単身とは違い、世帯の家族構成や年齢、収入の違いによって、荷物量などが幅広く異なるためです。そこで、おすすめしたいのが引越しの一括見積もりの「みんなの見積もり – 引越し」です。直接、業者から自分の場合の見積もりを取り、各社で比較をするのが一番です。