引越し荷造りと梱包方法

荷造りを業者に依頼する場合の4つの注意点

ダンボールを運ぶ引越し業者

引越業者によっては、荷造りや荷ほどきを、引越作業と同時に依頼できる引越しパックが用意されています。追加料金は発生しますが、手間や労力が省ける点や、梱包作業をプロに頼める安心感から多くに方が利用しているようです。

ここでは、このような荷造りや荷ほどきを業者に依頼する際の注意点をご紹介します。引越業者に相談する前に、是非一度目を通して頂くことをお勧めします。

見積もり依頼前に、荷造りを頼むかどうか決めておく

電卓とトラック

まず1つ目の注意点は「見積もり依頼前に、荷造りを頼むかどうかきめておく」ということを忘れないでください。

見積もりを複数社に依頼する際は、同じ条件で依頼することで、初めて比較検討ができます。荷造り・荷ほどき込みの料金と、そうでないものとでは比較になりません。事前にどのような形態で引越しを依頼したいのか、以下の3パータンから決めておき見積もり依頼するようにして下さい。

  • 荷造り・荷ほどきも依頼する
  • 荷造りのみ依頼して、荷ほどきは自身で行う
  • 荷造り・荷ほどきは依頼しない

また、引越間際に、やはり荷造り・荷ほどきも依頼するとなった場合、作業員の確保が難しいことも考えられます。見積もり時に、荷造り等も依頼する旨伝えておくことで、作業員が足らずに依頼できないということを防げます。

各社様々なプランがあります。以下の業者のホームページを参考にして下さい。

<各社の引越しプラン>

アート引越しセンター

サカイ引越センター

アリさんマークの引越社

アーク引越センター

ハート引越センター

不用品は引越までに処分しておく

引越し時に出る粗大ごみ

荷造りを業者に依頼することを決めた場合、引越当日までに不用品の処分をしておいて下さい。事前に不用品を処分しておくことで、当日の梱包作業をスムーズに行ってもらえます。逆に、不用品の処分が終わっていないと、不用品を新居に持っていくことになり、無駄な作業が増えることになります。

代金は発生しますが、不用品の引き取りも引越業者に頼める場合があります。必要がある場合は事前に問い合わせてみて下さい。

以下、不用品の処分方法の一覧です。処分方法によっては日数を要する場合もあるので、計画的に処分することをお勧めします。

  • 粗大ごみとして自治体に回収してもらう
  • 不用品回収業者に依頼する
  • 引越業者に不用品の回収を依頼する
  • フリマ・オークション・リサイクルショップ等で売る
  • 知人に譲る
  • 寄付する

不用品処分に関して、以下の記事も参考にして下さい。

不用品の種類別の処分方法

不用品処分の際に、「売る」「譲る」「捨てる」を上手く活用する方法

不用品の見極めを進める時の6つのポイント

荷物の運び先等を指示できるようにしておく

ダンボールを運ぶ引越し業者

実際に荷造り・荷ほどきをしてもらう時は、作業員の方々に、荷物の運び先等を的確に指示する必要があります。この際、新居の間取り図を用意しておくと、指示を出しやすいです。『どの荷物を、新居のどの部屋に運んで欲しいか』を説明します。そうすることで、作業員の方が、運び込む部屋ごとに荷物を梱包することができ、作業がスムーズです。

また、荷ほどきも依頼している場合は、『どの荷物をどこへ収納してほしいか』指示を出します。この際、的確に指示を出していないと、せっかく片付いた荷物も、後から移動させるなどの手間が発生してしまいます。引越前に、新居での生活をイメージして、荷物の収納先を具体的にシュミレーションしておくことをお勧めします。

<スムーズに指示出しをするポイント>

  • 新居の間取り図を用意しておく
  • どの部屋のどこに収納してほしい荷物かを、事前にシュミレーションしておく

貴重品や他人に見られたくない物は、自分で管理する

持ち運びができる金庫

荷造り荷ほどきを業者に依頼した場合でも、他人に見られたくない荷物や、貴重品類は自分で管理できるよう、前もって分けておきます。

貴重品類は、事前に手荷物としてまとめておき、引越時も業者に運んでもらうのではなく、自分たちで持ち運ぶようにします。しっかり管理しておかないと、紛失等、あとあとトラブルになる可能性もあるので気を付けて下さい。量が多い場合は、スーツケース等にまとめておくと、スムーズに持ち運ぶことができます。

<自分で持ち運ぶ貴重品類>

・現金
・貯金通帳
・印鑑
・貴金属
・宝飾品
・鍵(車、新居など)
・クレジットカード
・キャッシュカード
・小切手
・株などの有価証券
・パスポート
・高価な腕時計やバックなどのブランド品 など

また、貴重品以外でも、下着類等、他人に荷造りしてもらうのは気が引けてしまう荷物については、事前に自分たちで荷造りしておきます。これらの荷物については、荷ほどきも自身で行う旨、作業員の方へ伝えておいて下さい。

まとめ

業者に荷造りや荷ほどきを依頼する場合の注意点を4つご紹介しました。コストは発生しますが、荷造り等業者に依頼すると、引越作業が格段に楽になります。ただ、業者に依頼しても、的確に指示が出せなかったり、貴重品等の管理ができていないと、後々手間がかかったり、トラブルになる可能性もあります。

小さいお子さんがいる場合や、仕事などで忙しい場合など、それぞれの事情に合わせて、上記の注意点を踏まえつつ、上手に活用していくことをお勧めします。