自力で引越しをするメリット・デメリット

自力で引越しをする場合、メリットとしては、料金を抑えられることや引越し業者とのトラブルなどに遭遇しないなどありますが、逆のデメリットも存在します。ついついメリットだけを思い浮かべてしまいますが、デメリットとしてダンボールの調達や荷物の破損時の補償が無いなどが存在します。メリット、デメリット、両方把握しておきましょう。

自力で引越しをするメリット

費用を節約できる

自力で引越しを行う場合のメリットとしては、まず引越し業者を利用するよりも費用を節約出来る点を挙げる事が出来ます。

レンタカーに関する費用や協力してくれた人への謝礼、そして、ダンボール他の梱包資材等の購入費などが、自力で行う場合の主な費用の内訳となりますが、引越し業者に依頼する場合と比べて数万円単位のお金を節約出来る可能性が高いです。
そして、自動車を知人や友人から借りる事が出来たり、ダンボールを商業施設から無料でもらう事が出来るのであれば、さらに費用を抑える事が出来るでしょう。

スケジュールを自由に決められる

また、スケジュールをある程度自由に決められる点もメリットとしてあります。
引越し業者を利用する場合は、業者の都合によって日程・日時を決めざるを得ないケースがあり、その予定に合わせる事が大変な場合も有り得るのですが、自分自身で予定を立てる際には、基本的には、自分の都合に合わせたスケジューリングを行う事が可能です。

特に引越しシーズンと言われる3月から4月に掛けては、業者の繁忙期であり、こちらの希望通りの引越し予定が立てられない事も少なくはありません。
また土曜日・日曜日・祝日といった日も引越し需要が多いので混み合っています。
しかしながら自力で行う場合は、自動車の手配や協力者の依頼等に関してさえ気をつけておけば、繁忙期や土日祝に関係無く、自分の好きな日程を立てる事が出来ます。

引越し業者とのトラブルが生じない

なお引越し業者を利用する場合には、業者との間に何らかのトラブルが生じるケースがあるのですが、利用しない場合は、当然ながらトラブルは発生しませんので、そういった面もメリットと言えます。

達成感や充実感

自分で行えば、業者を利用したときとは比較にならない充実感や達成感を味わう事が可能であり、精神的なメリットもあると考えられます。

自力で引越しをするデメリット

自力で引越しをする際のデメリットに関しては、荷造りから搬出・搬入そして運搬に至るまで基本的には自分で行う事となるので、それなりの労力を費やす事になるという点を上げる事が出来ます。

大型家財の解体、搬送、組み立て

特に冷蔵庫、洗濯機、ベッドといった大型荷物の運搬は手が掛かります。それに車両の安全運転・安全走行に細心の注意を払わなければなりません。体力があまり無い人にとっては、かなりの負担を伴う可能性があるでしょう。

梱包資材の調達

運搬車両や梱包資材を自分で準備・調達しないといけない点もデメリットとして考えられます。運搬車やダンボール等に関しては、引越し業者を利用する場合には業者が整えてくれるものですが、自力で行う場合には、全て自分で準備等を行なわなければなりません。なお、人手を必要とする場合には、作業協力してくれる人を確保する手間もかかる事となります。

万が一の補償は無し

さらに、全ての作業を自己責任の下において実施するという点も、デメリットと関係しています。

すなわち、一連の作業において、建物の汚損・破損、財物の汚損・破損・紛失、家電製品等の故障などが発生したとしても、いっさい誰からも保証は受けられません。つまり、その復旧・修繕等については、自分自身で行なわなければなりません。

また、仮に第三者の財物に損傷を与えたり、人に怪我をさせてしまった場合には、その賠償・補償の責任は、全て自分自身が負わなければなりません。無論この場合、賠償責任保険に加入しているのであれば、それで金銭的に補える可能性はありますが、自分自身に責任がある点には変わりはありません。引越し業者に任せておけば、基本的には、こうした責任問題が生じる事がありませんので、デメリットであると言えるでしょう。

自力で引越しをした口コミ体験談

「友人に大迷惑を掛けました」

独身の頃に、少しでもお金を節約しようと思って、自分だけで引越しを行った経験があるのですが、その際、友人に大いに迷惑を掛けました。その体験談について紹介します。

私はこの時、荷物の運搬にレンタカーを借りるのがもったいなかったので、友人のワンボックスカーを借りたのですが、想像していた以上に荷物が多くて、1回の積載では車両の荷台に全ての荷物を積み込む事が出来ませんでした。
それで結局、旧居と新居を3往復もする羽目になってしまい、友人に車を返却する時間が、当初に約束していた時間よりも大幅に遅れる事となりました。

そして、友人はその車に乗って遠方へ仕事へ行く予定があったのですが、私の引越し作業が長引いて車の返却が遅れたばっかりに、仕事先に到着するのがかなり遅れてしまい、先方の取引先に厳しい叱責を受けたとの事でした。

あらかじめ、ワンボックスカーの荷台の積載容量と荷物のボリュームを確認しておかなかった私の失敗であり、本当に申し訳ない事をしたと、その時は友人には平謝りでした。

「自力引越し」はよくプランを練って行うべきです

先日、引越し業者を使わずに自力で引越しを行ったのですが、色々な失敗点がありました。

まず、ダンボールの調達に失敗しました。それはどういう事かというと、近所のスーパーマーケットでダンボールを無料で譲ってもらったのですが、ダンボールの大きさがバラバラだったので、梱包や積込みの時にかなり手間が掛かりました。

また、家具や書籍などの不用物を業者に引き取ってもらったのですが、想定していた以上に料金がかかったので、これだったら、面倒ではありますが、リサイクル店などへ自分で持ち込んだほうが、まだましだったのではないかと思いました。

さらに、自分一人では到底運べないと思ったので、友人2名に応援を頼んだのですが、友人たちに御礼の代わりに食事をご馳走したところ、奮発しすぎたためか思った以上に食事代が高くつき、予定していた食事代の予算を大きく上回りました。

そして極め付きは、新居に家具を搬入した際に壁を擦ってしまい、壁のクロスが破けてしまいました。
新居をリフォームした際に張り替えたばかりだったので、これはショックでした。

以上のように、あまり何も考えずに行ったため、色々と失敗してしまいました。
「自力引越し」はよくプランを練ってから行わないと成功しないと反省した次第です。